お墓の豆知識[墓地・霊園の種類] | 庵治石専門店オールストーン

English

お問い合わせはこちらから 0120-157-148 営業時間:9:00~18:00(木曜定休日)

はじめてのお墓づくり

お墓の豆知識 最近では、共同墓地や納骨堂を利用される方が増えていますが、お墓の種類やその意味について、しっかり知っておきましょう。また、使われる石やデザインも豊富なので、ぜひ参考にしてみて下さい。

墓地・霊園の種類

墓地の紹介はこちら

管理運営の主体によって、「公営」「民営」「寺院」の3つに大きく分けられます。
このほか、最近では納骨堂や会員制共同墓の需要が高まっています。

公営墓地

費用は安いが、競争率が高く購入が難しい
都道府県や市町村など、地方自治体が管理運営する墓地・霊園のこと。募集は随時行われているわけではなく、各自治体への問い合せが必要です。

メリット デメリット

民営墓地

宗派を問わず購入しやすい宗教法人や財団法人などが経営母体となり管理運営する墓地・霊園のこと。
宗教法人の場合も管理は管理事務所が行うため、宗教色はほぼありません。公営と比べると窓口が広く開かれています。

メリット デメリット

寺院墓地

檀家になることで、手厚い供養が受けられるお寺が管理運営する墓地のこと。
そのお寺の境内内に墓地が併設されていることが多いですが、宗教不問の区画を設けて霊園方式で提供している寺院もあるようです。

メリット デメリット

納骨堂

遺骨を預けて保管してもらう施設
遺骨を収蔵するお墓に対して、保管する施設を指します。お墓を建てるまで一時的に預けておく仮納骨と、お墓代わりに使用する永代納骨がありますが、土地不足が深刻化する都市部では永代納骨をするケースが増えています。
ロッカーの内部に骨壷を納める簡易なものから、仏壇と同じような装飾を施して充分なお参りができるものまで、形態は様々。お墓を建てるより費用が安く済むことからも人気が高まっています。

会員制共同墓

会員制のシステムを設けて共同で管理運営するお墓のこと。みんなでひとつのお墓に入るので使用料が比較的安く済み、独身者やお墓の継承者がいない方などを中心に注目を集めています。生前に申し込むことが大前提で、会員同士でお墓の手入れを行い、死後はほかの会員の方に供養してもらいます。

はじめてのお墓づくり
墓の建て方
お墓の豆知識
石材店選びのポイント
お墓Q&A
墓地・霊園のご紹介(香川版)
墓地・霊園のご紹介(全国版)
葬儀の行い方